①   違法建築とは?

111111

違法建築とは、建築基準法や条例に違反している物件をいいます。

具体的にみてみましょう。


●  建ぺい率がオーバーしている

建ぺい率とは、敷地に対して建てられる建物の広さの割合です。

仮に敷地の面積が40㎡で、建ぺい率が50%の場合、建物の広さは20㎡となります。

そこに30㎡の建物を建てると建ぺい率がオーバーし、違法建築となります。


●  容積率がオーバーしている

容積率とは、家の総床面積が、敷地に対してどれくらい確保できるか?

家の総床面積と敷地の面積との割合です。


●  採光不良のケース

建築基準法では、採光のために、居室の床面積の1/7以上、

窓その他の開口部を設けなくてはなりません。(「有効採光面積」を計算)


●  用途違反

例えば、住居地域(第一種低層住居専用地域)では原則として店舗や飲食店を建てることができません。

もし、住居を店舗や事務所に使用した場合、違反になる可能性があります。


●  違法増築

原則として、10㎡以上の増築を行う際には建築確認の申請を行わなくてはなりません。

申請せずに10㎡以上の建物を建てると違法建築となります。

②   違法建築が生まれる要因

111111

なぜ違法建築の建物ができるのでしょうか?


色々な要因が考えられますが、例えば、新築の際、建築確認申請書の許可が下りた後、

変更を加えたり、下請け業者が、当初の図面と異なる家を建てる場合があります。


また、リフォームの際に、申請の必要を知らない土地の所有者が、10㎡を超える倉庫を自分で建てたり、業者が知っていながら黙認して増築工事を行うケースもあります。

③  違法建築のデメリット

111111

敷地いっぱいに建物が建てると、日当たりや風通しが悪くなります。

防火対策にも支障が出る可能があります。


また、行政から指導が入り、極端な場合、取り壊し命令が出され、

放置すれば強制的に取り壊され、費用を請求されることもあります。


さらには、資産価値が下り、適正な価格で販売できない場合もあります。

特に、建ぺい率オーバーや、採光不良、違法増築には注意が必要です。

④   違法建築の有無をチェックするには?

●  建築確認済書の確認

(建築前に行政に建築計画が問題ないか確認申請し、問題がない場合に交付される書類)


●  検査済証の確認

(建築した物件が法令に適合していることを示す証)


●  重要事項説明書の確認


● 目視で現地を確認し、図面などと照合する


●  登記簿を確認する


●  専門家に相談する


  等々から、違法建築かそうでないかを事前に確認しておきしょう。




apartments-4358755

10個の無料サポート

新・住まい選びの方程式

 

家や業者選びの情報は多岐に渡り、

個人が整理するのは困難が伴います。

「住まい成功くらぶ」は、それらをカバーするために、

10個の無料サポートを実施しています。

ダウンロード


10個の無料サポートで

あなたの住まい選びが変わります!


サポート1 30分で成功に必要な情報を知る

●あなたの成功に必要な情報を

●30分で見つけ、

●ピンポイントでお伝えします

 

サポート2 成功に向けたカリキュラム作成

●何を準備すれば良いのか

●どのように進めれば良いのか?

●あなた専用の成功カリキュラムを作成いたします

 

サポート3 失敗の原因を減らす情報提供

●カバーすべき情報、

●知っておくべき情報をお伝えいたし、

●失敗のリスクを減らすことができます

 

サポート4 希望をまとめるノウハウ提供

家族全員で楽しく整理できるノウハウのご提供

●あなたらしい暮らしとは?など

●住まいの希望がクリアになってきます

 

サポート5 業者を10社リストアップ

●以上より、あなたの希望に基づき、

●候補の業者を10社リストアップ

●業者のイメージが具体化します。

 

サポート6 業者の独自取材

●お客様のクチコミや、

●あなたの質問しない50以上の質問を用意し、

●詳しい業者の情報をリサーチし、お伝えいたします

 

サポート7 中立専門家のご紹介

●ローンや資金計画

●家の間取りの相談

●税金の相談など各専門家をご紹介

 

サポート8 営業されない匿名での相談

●匿名で業者に相談、質問ができます

●あなたの希望をメールで送信し、

●業者から回答やアドバイスが得られます

 

 サポート9 質問もれを防ぐ一覧表の提供

●業者訪問の際に、質問もれを防ぐ一覧表を提供

●質問が具体的になり、

●詳しい情報やアドバイスが得られます

 

サポート10 一緒に考え、業者を決める

●これまでの情報を基に、家や業者を最終決定します

●契約に至らなかった業者には、

●住まい成功くらぶが、お断りの連絡をします


 

お約束


● 業者からの営業は一切ありません。
 特定の業者に誘導することも致しません。
 公平中立にアドバイスをさせて頂きます。

無料セミナー&説明会

お問合せはこちら

営業時間 10:00~18:00(※土日祝休)

お問い合わせ

Contact

ご入力の上、次へボタンをクリックしてください。

関連記事

Related