•    木造の建築時期で異なる被害の状況


    熊本地震において、旧耐震基準、新耐震基準、強化型新耐震基準それぞれについて、

    国土交通省 住宅局の分析では以下のようになっています


    倒壊の割合は、

    l  旧耐震基準では、28.2%、

    l  新耐震基準では、8.7

    l  2000年基準では、2.2%となっています。

    このことから、2000年基準の被害が大きく緩和されていることが分かります。


    20230510_151
  •    建築基準法(旧耐震基準と新耐震基準の違い)


    l  建築基準法制定1950年(昭和25年)








    20230510_152
  • ② 建築基準法(旧耐震基準と新耐震基準の違い)


    20230510_153
  • ③ 2000年基準の要件とは?


    1.          地盤の沈下を防ぐために、地盤の状況に合わせた基礎を作る

    l  建てようとする土地が強固な地盤なのか、

    l  家の重さを支えることのできない沈下するような軟弱地盤なのか?

    l  地盤の状況を踏まえて基礎を作ることとなり、

    l  そのため地盤調査が必須となりました。

    l  軟弱地盤の場合、地盤の改良が必要になります。


    20230510_154
  • 2.          柱や梁、筋交いの接合部に金具を使ってしっかり固定する


    l  新耐震基準では、筋交いなど耐力壁の量を増加させましたが、

    l  阪神淡路大震災では、耐力壁を増やしても、接合部が緩いと抜けてしまい、建物被害が生じました。

    l  そのため、接合部は金具で留めることが求められています



    20230510_155
  • 3.          耐力壁をバランス計算して配置すること


    l  阪神・淡路大震災では、耐力壁がたくさんあっても、

    l  バランスが悪く、地震でねじれ、建物が倒壊する事例が多くみられ、

    l  それを受けて、耐力壁のバランスが求められるようになりました。



    20230510_156
apartments-4358755

10個の無料サポート

新・住まい選びの方程式

 

家や業者選びの情報は多岐に渡り、

個人が整理するのは困難が伴います。

「住まい成功くらぶ」は、それらをカバーするために、

10個の無料サポートを実施しています。

ダウンロード


10個の無料サポートで

あなたの住まい選びが変わります!


サポート1 30分で成功に必要な情報を知る

●あなたの成功に必要な情報を

●30分で見つけ、

●ピンポイントでお伝えします

 

サポート2 成功に向けたカリキュラム作成

●何を準備すれば良いのか

●どのように進めれば良いのか?

●あなた専用の成功カリキュラムを作成いたします

 

サポート3 失敗の原因を減らす情報提供

●カバーすべき情報、

●知っておくべき情報をお伝えいたし、

●失敗のリスクを減らすことができます

 

サポート4 希望をまとめるノウハウ提供

家族全員で楽しく整理できるノウハウのご提供

●あなたらしい暮らしとは?など

●住まいの希望がクリアになってきます

 

サポート5 業者を10社リストアップ

●以上より、あなたの希望に基づき、

●候補の業者を10社リストアップ

●業者のイメージが具体化します。

 

サポート6 業者の独自取材

●お客様のクチコミや、

●あなたの質問しない50以上の質問を用意し、

●詳しい業者の情報をリサーチし、お伝えいたします

 

サポート7 中立専門家のご紹介

●ローンや資金計画

●家の間取りの相談

●税金の相談など各専門家をご紹介

 

サポート8 営業されない匿名での相談

●匿名で業者に相談、質問ができます

●あなたの希望をメールで送信し、

●業者から回答やアドバイスが得られます

 

 サポート9 質問もれを防ぐ一覧表の提供

●業者訪問の際に、質問もれを防ぐ一覧表を提供

●質問が具体的になり、

●詳しい情報やアドバイスが得られます

 

サポート10 一緒に考え、業者を決める

●これまでの情報を基に、家や業者を最終決定します

●契約に至らなかった業者には、

●住まい成功くらぶが、お断りの連絡をします


 

お約束


● 業者からの営業は一切ありません。
 特定の業者に誘導することも致しません。
 公平中立にアドバイスをさせて頂きます。

無料セミナー&説明会

お問合せはこちら

営業時間 10:00~18:00(※土日祝休)

お問い合わせ

Contact

ご入力の上、次へボタンをクリックしてください。